ナガンヌ島日記 2012年6月16日物語
FC2ブログ

2012年6月16日物語

こんにちわ
久しぶり登場の島長です。

2日前久しぶりにジェッターしました。お客さんを引っ張るのは10年ぶりくらいかもしれません

昨日は昼間はカウンター、夕方はステイのお客様限定特別プラン“きらきらスノーケルを担当させていただきました”


このツアーはちょっと特別な流れのあるポイントに行く為、年齢制限と人数制限(6人以下)させていただいているレアなコースです。

西の浜までバギーやカヤックで行って、そこから潮の流れに乗って綺麗なポイントを見ていきます。

ちなみに昨日のコースは

西の浜南からエントリー

クロスズメダイやフエダイなどが50から100匹ぐらい群れているところを横切りながらたどり着くデバスズメ天国

そこには1000匹以上のきらきら輝く水色のデバスズメがいます

そこを抜けるとしばらくは深場を流れます。

その時に海亀やエイ、1mクラスのアジ、釣り人大好きタマンの群れなどを見ることが出来ます。

昨日はそこでレアなコバンザメが見れましたよ。

そして流れが弱くなるあたりで

クマノミ団地。浜クマノミの家族がいっぱいいます。

昨日はそこからさらに流し、たこなんかも見ながら遊泳区域のあるビーチまで戻ってきました。

所要時間40分から1時間の贅沢スノーケルです。

今回はあえて写真を使わず皆さんの想像を膨らまさせていただこうかと

そしてシャワーを浴びてしばらくするとお食事のBBQ!

ですが、その時間はサンセット時間でもあります。
P1020959_R.jpg

P1020961_R.jpg

彼(彼女)と見るサンセットはロマンチックですね

P1020956_R.jpg

P1020958_R.jpg

そしてBBQを楽しみながら夜は更け、

空には満天の星が輝き始めます。

ここからはお部屋を暗くしてみていただけると星がよく見えます。
P1020972_R.jpg


P1020970_R.jpg

ご自分で見ていただいても結構ですが、スタッフがご案内するツアーに一緒にいくと星を見るついでに海亀の産卵を探しに行きます。

もちろん見れる確立は高くないのですが、昨日はツアーに出てわずか10分で遭遇!

卵を産み始めるまでじっと待ちます。

そして卵を産み始めたらライトを当ててもOKです!
P1020976_R.jpg
fc2blog_20120616230910a76.jpg

fc2blog_20120616222213d89.jpg

変な亀もいました。

この日は結構早くて1時間半くらいで帰っていきました

P1020986_R.jpg
P1020989_R.jpg
P1020990_R.jpg

まあ、今回は凄くラッキーでしたが、こんなことが起こるかもしれないナガンヌ島ステイ!

かなりおすすめです!

テーマ : 沖縄 - ジャンル : 地域情報

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

nagannu

Author:nagannu
ナガンヌ島の海の中にたくさんいるなまこ。

その中の1匹が姿を変えて陸に上がってきました。

彼の名は“しまうす”

名前の由来はというと、

なまこは漢字で書くと“海鼠”

海鼠=うみねずみ

英語にすると“Sea Mouse”

チョットなまって“しまうす”

似たような名前のやつが島にはいるが、気にしないで欲しい。

あと仲間に、

マリンスポーツ大好きな

海狐(うみきつね)の“しぽくす”

海の安全守ってますの

海猿の“しもんき”

ナガンヌの陸上大好き

海兎の“しらびと”

も、そのうち出てくるかも。

そんな彼がナガンヌ島の様子をつぶやきます。

最新コメント
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-